さまざまな方法で金銭の融資が行われている現実

現在日本では、銀行や消費者金融会社などから、さまざまな方法で金銭の融資がおこなわれています。

そのような銀行や消費者金融会社でおこなわれる、金銭の融資先は大きく分けて二つに分けられます。

一つは一般消費者を対象として貸し出される金銭の融資です。

もうひとつは、事業をおこなっているものを対象とした金銭の融資です。

事業者を対象とした金銭の貸し付けには、さらに個人事業者を対象としたものと、法人である事業者を対象としたものに細かく分けることができます。

一般消費者を対象とした金銭の貸し付けと、事業者を対象とした金銭の貸し付けでは、その貸し付けの条件も異なる場合が多いです。

一般消費者を対象とした金銭の貸し付けには、キャッシングやカードローンという名称のものがあります。

一般消費者を対象としたキャッシングやカードローンとよばれる商品の特徴としては、無担保ローンであるものが最近では多いということがあげられます。

担保をとらずに消費者にお金を融資するということは、貸し出す側の銀行や消費者金融会社にもリスクが生じることになります。

銀行などがおこなう消費者を対象としたローンのなかには、保証会社の保証の契約を結ぶことが、金銭の融資のための条件になっている商品もあります。

いずれにせよ銀行や消費者金融会社が無担保で金銭を融資するという場合は、気軽にそのようなキャッシングを利用してもらうという目的があります。

保証人もしくは担保を立てることが条件

一昔前まであった銀行ローンと言えば、保証人もしくは担保を立てることが必須条件となっていましたので、保証人を立てるあてがない人や、担保に供することができるような財産を何も持っていないような人は、銀行からの融資を利用することができませんでした。

銀行ローンの金利は低いですし信頼性が高いので、なるべくであれば銀行からお金を借りたいと希望する人が多いのにも関わらず、保証人や担保を用意することができない人は、もっと不利な条件の金融業者を利用せざるを得なかったわけです。

しかし、消費者金融が提供する無担保ローンの利用者数が、ドンドン増加してくるに従って、今まで有担保ローンしか提供していなかった銀行としても、黙っているわけにはいかなくなりました。

そして、銀行も似たような金融商品の開発に乗り出したのですが、ここでネックになったのが、無担保ローンの貸し出しノウハウを全く有していないという事実です。

銀行には、消費者金融のように、短時間審査で与信能力の低い利用者に融資を行なった経験が皆無だったからです。

ただし、銀行にとってラッキーだったのは、銀行がそのような金融商品の開発に乗り出したのと、ほぼ同時期に貸金業法が改正されて、消費者金融業界が大再編を迫られたことです。

経営状態が悪化した消費者金融を、銀行が子会社化したり提携関係を結ぶケースが多くなり、消費者金融が有していた無担保ローンのノウハウを銀行が利用することができるようになりました。

その結果、誕生したのが消費者金融を、保証会社とした銀行カードローンで、不良債権リスクのカバーが実現されています。

借りたお金は完済してから新規借り入れ

最近では、保証会社が存在しているおかげで、融資を受ける際にも無担保ローンを利用することができるようになってきました。

無担保ローンとは、そのままの意味で担保が必要ないローンのことです。

最近では、消費者金融会社から融資を受ける時にも、担保はもちろん保証人さえ必要ない時代になっています。

担保がなくても融資をした会社にリスクはないのかということですが、これは全く心配する必要がありません。

保証会社は、保証人の代わりをしてくれますので、融資した金額を回収できないということがないからです。

保証会社へ支払うべき保証料に関しては、ほとんどの場合はもともと金利に含まれていますから、返済とは別に保証料を支払う必要もありません。

こういう仕組みになっていますので、金融会社から融資を受ける時に、保証会社の保証を受けられることというのが融資利用者の条件になっているのです。

保証会社の保証を受けられる条件としてよくあげられるのが、毎月安定した収入があることや、勤続年数が長いこと、一つの住所に長く住んでいることなどです。

少なくとも返済をしなければいけないことを考えれば、安定した収入があることは最低条件です。

また未成年は、基本的に融資を受けることができませんので、満20歳以上の方ということも重要なことです。

今から受けようとしている金融会社など以外から、あまりにもたくさん融資を受けている状態ですと、審査にも通ることが難しくなりますから、借りたお金はなるべく完済してからが良いです。