保証人もしくは担保を立てることが条件

一昔前まであった銀行ローンと言えば、保証人もしくは担保を立てることが必須条件となっていましたので、保証人を立てるあてがない人や、担保に供することができるような財産を何も持っていないような人は、銀行からの融資を利用することができませんでした。

銀行ローンの金利は低いですし信頼性が高いので、なるべくであれば銀行からお金を借りたいと希望する人が多いのにも関わらず、保証人や担保を用意することができない人は、もっと不利な条件の金融業者を利用せざるを得なかったわけです。

しかし、消費者金融が提供する無担保ローンの利用者数が、ドンドン増加してくるに従って、今まで有担保ローンしか提供していなかった銀行としても、黙っているわけにはいかなくなりました。

そして、銀行も似たような金融商品の開発に乗り出したのですが、ここでネックになったのが、無担保ローンの貸し出しノウハウを全く有していないという事実です。

銀行には、消費者金融のように、短時間審査で与信能力の低い利用者に融資を行なった経験が皆無だったからです。

ただし、銀行にとってラッキーだったのは、銀行がそのような金融商品の開発に乗り出したのと、ほぼ同時期に貸金業法が改正されて、消費者金融業界が大再編を迫られたことです。

経営状態が悪化した消費者金融を、銀行が子会社化したり提携関係を結ぶケースが多くなり、消費者金融が有していた無担保ローンのノウハウを銀行が利用することができるようになりました。

その結果、誕生したのが消費者金融を、保証会社とした銀行カードローンで、不良債権リスクのカバーが実現されています。