借りたお金は完済してから新規借り入れ

最近では、保証会社が存在しているおかげで、融資を受ける際にも無担保ローンを利用することができるようになってきました。

無担保ローンとは、そのままの意味で担保が必要ないローンのことです。

最近では、消費者金融会社から融資を受ける時にも、担保はもちろん保証人さえ必要ない時代になっています。

担保がなくても融資をした会社にリスクはないのかということですが、これは全く心配する必要がありません。

保証会社は、保証人の代わりをしてくれますので、融資した金額を回収できないということがないからです。

保証会社へ支払うべき保証料に関しては、ほとんどの場合はもともと金利に含まれていますから、返済とは別に保証料を支払う必要もありません。

こういう仕組みになっていますので、金融会社から融資を受ける時に、保証会社の保証を受けられることというのが融資利用者の条件になっているのです。

保証会社の保証を受けられる条件としてよくあげられるのが、毎月安定した収入があることや、勤続年数が長いこと、一つの住所に長く住んでいることなどです。

少なくとも返済をしなければいけないことを考えれば、安定した収入があることは最低条件です。

また未成年は、基本的に融資を受けることができませんので、満20歳以上の方ということも重要なことです。

今から受けようとしている金融会社など以外から、あまりにもたくさん融資を受けている状態ですと、審査にも通ることが難しくなりますから、借りたお金はなるべく完済してからが良いです。